あなたはバンド活動で
こんな間違いをしていませんか?

・ライブの本数が多くてマジで金がヤバい...

・無料音源をいっぱい配ったのに誰もライブに来てくれない...

・MVの再生回数が思ったほど伸びない...

これらはほとんどのバンドがあまり考えずに犯してしまう間違いの典型例です。でも、これらは最もよくある間違いに比べれば取るに足らないものです。

それはつまり...

今すぐ無料でメルマガ登録する

メルマガ/著者紹介

星野 ジュリエッタ 純一

星野 "ジュリエッタ" 純一

立川にあるライブハウスBABELで店長をやってます。

5年の店長経験を活かしてメルマガ配信中!登録はもちろん無料です!

バンド活動を1つの店舗経営ととらえ、「どうしたら繁盛するお店になるのか!」なんて事を考えて配信しています。

悩めるバンドマンよ!乞うご期待!

バンド活動、うまくいってますか?

ライブハウス立川BABELの店長、星野純一です。

日々、ライブ活動をしているバンドと接していて、思うことがあります。「もったいないなぁ。もっとこうすれば良いのに」とか「それ、全然間違ってるよ」とか「メンバー間、うまくいってなさそうだなぁ」とか...

ライブ後の清算の時に相談してくれるバンドさんにはアドバイスを言うようにしているけど、限られた時間内で「どれだけ伝わっているのかなぁ?」と疑問が残る日々を過ごしています。

なので、意識の高い人はより高みを目指せるように、また現状に漠然と不安を抱えている人は「何が問題なのか」に気付いてくれるように、このメルマガを配信しています。

今すぐ無料でメルマガ登録する

例えば、無料音源の渡し方・・・

  • 物販スペースに「ご自由にどうぞ」と置いておく
  • 「気に入ったら後で声をかけてください」とMCで言う
  • 自分のバンドと似たジャンルのイベントの終演後に、そのライブハウスの出口で帰るお客さんに配る

さて、どれが正解でしょうか?・・・・・・・残念!全て間違いです。

では、正解=最も効果的な渡し方はどんな方法でしょう?

ライブ直後に自分たちの物販席に行き、お客さんが声をかけやすいように「今演ってたXXXXXでーす!音源を無料であげまーす」と大声で宣伝し、欲しいと言ってくれた人に、

連絡先を教えてくれる条件で渡す。

違いが判りましたか?

上記1から3は、道端の看板や駅前で配っているビラのような物です。それに比べてこの方法は、ライブを見て多少なりとも興味をもった人だけに渡し、しかも後で連絡することが出来るのです。

これで「ライブに来てくれる」可能性のある「見込み客」のリストが1つ手に入りました。

俺がメルマガで伝えたいのは、例えばこんな内容です。

バンド活動を店舗経営ととらえて、赤字で倒産しないように、無駄な活動をなるべくしないように、人間関係で破綻しないようにアドバイスしたいんです。バンド活動がもっとうまく行く事を願っているんです。

そして欲を言えば、成長して行くあなたのバンドがBABELに出続けてくれることを期待しています。

今すぐ無料でメルマガ登録する

最後に

もちろんメルマガを読んでその通りに実行してみるかどうかは、あなたの判断次第です。ただ、最後にちょっと考えて見てください...

今から1年後、何もしなくて、同じことをくり返して、その状態は良くなっていますか?

いつまでも同じようにはバンド活動は続けられないと思います。このままバンドを取り巻く状況が好転しないと、近い将来きっと上手くいかなくなる時が来ます。

そんなシーンを何度も何度も見てきました。

ですので、あなたのバンド活動の問題解決に「ちょっと」だけヒントを与えるメルマガ「BABEL店長のちょっといい話」の購読を申し込んでみてはいかがでしょうか?もちろん登録、購読料は無料です。

今すぐ無料でメルマガ登録する

ご登録いただいた情報は、弊社で責任を持って管理させていただきます。また、メールマガジンのご購読は、お客様のご希望時にいつでも解除することができます。